デジタルサイネージの効果

デジタルサイネージって何?

当ページでは、デジタルサイネージを導入することによってどのような効果があるかをまとめています。

機能

ケースA 1.情報表示

  • 施設案内 営業時間 休館案内
  • プライスメニュー

ケースB 1.販促表示

  • CM、キャンペーン、セール情報
  • イベント情報
  • Web連携 企画コンテンツ

課題

2.顧客サービス向上

  • 来訪者の不満解消、顧客満足度向上
  • タイムリーで効果的な情報提供
  • 情報提供から反応を確認

2.販促の差別化

  • キャンペーン企画実施の差別化
  • IT技術スマホを使った反響分析
  • 来訪者との交流

効果

3.人件費等効率改善

  • 顧客の満足度向上・不満緩和
  • 案内対応の人件費削減効果
  • オーダー処理の効率化

3.販促コスト削減

  • 売りたい商品に誘導
  • キャンペーン告知による
    リピーター獲得


導入目的の確認

4.コスト削減

  • 対応人件費の削減
  • 接客人数の削減
  • 運用コストの削減

4.売上・収益向上

  • 売上拡大、顧客獲得拡大
  • 収益性の高い商品へ誘導

ロケーションとコンテンツ運用事例はこちら

機能

ケースC 1.空間演出

  • カラーコルトン代替
  • 環境映像、イベント用コンテンツ

ケースD 1.広告表示

  • 不動産を有効活用


課題

2.ロケーション価値向上

  • 来店者、リピーター拡大
  • 楽しさ/面白さ/非日常性を提供
  • 話題性/Buz=Web上話題性

2.効果的な媒体演出

  • 広告媒体の差別化
  • 広告媒体の認知度向上
  • 運用コストの削減、売上拡大

効果

3.認知度の向上

  • 話題のスポット化
  • 集合場所、シンボルスポット
  • ロケーションバリュー向上

3.売上枠拡大

  • 運用コスト削減
  • 広告枠の拡大
  • 媒体認知度向上


導入目的の確認

4.ブランド向上

  • ロケーションとしてのブランドイメージ
    アップ、テナント・利用顧客への
    利便性の向上

4.収益性の改善

  • 媒体価値の向上による
    広告収益の拡大




ロケーションとコンテンツ運用事例はこちら